ウクライナの医師オレナ・ネステレンコ先生が当科でCAR-T療法(キムリア)を学ぶため研修にきました

ネステレンコ先生は今後ウクライナでCAR-T療法(キムリア)を立ち上げる予定であり、血液内科で行われているCAR-T(キメラ抗原受容体T細胞)療法(キムリア)と移植治療を学ばれました。ネステレンコ先生のインタビューなど関連記事はこちらです。 https://www.facebook.com/juntendo.hematology/ 彼女たち医師が母国で安全に働けることを、一刻も早くウクライナに平穏が訪れることをお祈りしています。



閲覧数:11回0件のコメント