難治性がんの

克服を目指す

画期的で有効な治療で未来をつくる

研究代表 安藤 美樹

順天堂大学医学部 血液学講座主任教授

私たちの研究室では、難治性のがんに対する遺伝子免疫細胞療法について研究しています。特にiPSC技術を用いる遺伝子免疫細胞療法を中心に研究開発を進めています。iPSC技術を用いるメリットは、疲弊したT細胞を若返らせるので、もとのT細胞より強力な抗腫瘍効果が期待できること、遺伝子導入やゲノム編集が容易であること、そして何よりもバンク化してストックできるためいつでも十分量の治療用T細胞を確保できることです。この技術を応用して、画期的で有効な治療を多くの方に提供できることを目標にしています。

MikiAndo_Profile01_edited.jpg

安藤研究室について

iPS技術を活用し難治性がんに対する新たな治療の可能性を見出す

「キムリアによるCAR-T療法の責任医師をしています。キムリアの適応相談などお受け致します。CAR-T療法の発展のため、臨床と研究の両方に力を入れています。」

安藤 純

iPS細胞由来免疫細胞療法研究の最先端に触れ、日々楽しく実験しています。細胞培養はもちろんのこと、分子生物学的実験からマウスを用いた実験まで幅広く勉強できるとても有意義な環境です。

石井 翠

「臨床への橋渡し研究に関わることができ、大きな使命感を感じながら日々研究に没頭しています。免疫細胞療法に興味のある方はぜひお待ちしております!! 」

木下 慎太郎 (大学院生)