​研究室について

私たちの研究室では、難治性のがんに対する遺伝子免疫細胞療法について研究しています。特にiPSC技術を用いる遺伝子免疫細胞療法を中心に研究開発を進めています。iPSC技術を用いるメリットは、疲弊したT細胞を若返らせるので、もとのT細胞より強力な抗腫瘍効果が期待できること、遺伝子導入やゲノム編集が容易であること、そして何よりもバンク化してストックできるためいつでも十分量の治療用T細胞を確保できることです。この技術を応用して、画期的で有効な治療を多くの方に提供できることを目標にしています。

1. iPSC由来抗原特異的T細胞療法の開発経緯

抗原特異的細胞傷害性T細胞(CTL)は私たちの体内でウイルス感染細胞やがん細胞を発見し攻撃する免疫応答の重要な役割を担っています。

CTLを体外で増幅し再び患者体内に戻すCTL療法は一部のがんにおいては寛解を得ることができると報告されていますが、多くのがんにおいては期待した効果が得られないのが問題です。

がん患者のCTLは慢性的に抗原に暴露されるので、CTLが疲弊してしまうためです。この問題を解決するために2013年に共同研究者である東京大学医科学研究所幹細胞治療部門中内啓光教授らはiPSC技術を用いてCTLを機能的に若返らせる技術開発に初めて成功しました。

当時iPSC由来CTLが抗腫瘍効果を持つか証明されていなかったので、マウスモデルを作成し、iPSC由来EBウイルス特異的CTLが実際にEBウイルス感染腫瘍を縮小できることを証明し報告しました。その後2017年に東大医科研幹細胞治療部門より順天堂大学に移動して研究室を立ち上げ、難治性リンパ腫に対するiPSC由来EBウイルス特異的CTL療法の臨床試験を目指した開発を継続し、前臨床試験を行っています。

またこの技術を応用し、様々な難治性がんを標的とした治療の開発を行っています。

Study01.png
Study02-01.png

2. ゲノム編集技術を用いる子宮頸がんに対するiPSC由来ユニバーサルCTL療法の開発

子宮頸がんはヒトパピローマウイルス感染が原因で発症します。我が国では現在ワクチン接種率が0.6%まで低迷しているので、今後子宮頸がん患者が急増することが懸念されています。子宮頸がんは妊娠、出産、子育てをする若い世代で罹患すると特に進行が早いため、マザーキラーとも呼ばれる病気です。大切な女性の命を守るための対策が必要です。

私たちはヒトパピローマウイルス特異的CTLをiPSC技術により若返らせ、増殖力と抗腫瘍効果を高めることに成功しています。患者自身からこのようなCTLを作製するのは難しく、時間もかかるので、最新のゲノム編集技術を用いて健常人ドナーから多くのHLA型に投与可能なユニバーサルCTLを作製しています。2018年よりAMED再生医療実現化ネットワーク(技術開発個別課題)の支援を受け、がんで苦しむ女性に早く届けられるよう研究開発を続けています。

3. 次世代キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法の開発

CAR-T療法は非常に有望な遺伝子改変T細胞療法ですが、CAR-Tの疲弊、作製期間、再発などまだ乗り越えるべきいくつかの課題があります。私たちはこのような問題に取り組み、従来のCAR-T療法に比較してより効果の高い実用的なCAR-T療法の開発を目指しています。

また、安全性を確保するために、副作用発現時には症状消失できるよう、細胞死誘導システムであるiCaspase9安全システムを導入しているのも優れた特徴のひとつです。

4. キムリア 認定施設としてのCAR-T治療実績

順天堂大学医学部附属順天堂医院は、2020年2月27日に再発または難治性の白血病とリンパ腫の新たな治療薬である「CAR-T細胞(キムリア)療法」の提供可能施設として施設認定されました(登録責任者: 血液内科、輸血学研究室 先任准教授 安藤純)。

キムリア は、白血病細胞やリンパ腫細胞であるB細胞の表面に発現している「CD19」と呼ばれる抗原を特異的に認識することができ、B細胞(白血病やリンパ腫細胞)を特異的に攻撃することができます。キムリアの準備には、再生医療等安全性確保法に基づき製造管理・品質管理を行うセルプロセシングセンター(CPC)や合併症の管理を行う集中治療室等が必要であり、また施設には様々な体制や書類の整備も求められ、認定された施設のみで投与が可能です。

順天堂医院は、日本で12番目、都内で5番目の提供可能施設となりました。私たちは研究の経験と知識を実臨床に活かし、今後もより良い医療の提供を行なっていきます。

 

​研究室メンバー

img_8352.jpg
  • Facebook - White Circle